2018年7月18日(水曜日)

暑い毎日に涼を取り入れませんか?



本格的な夏の暑さが続いていますね。
皆様この暑さに負けずにお過ごしですか?
いつも「暑い…暑い…」と言ってハンドタオルが手放せない
サン・クロレラ販売京都本社スタッフの石田でございます。

こちら京都は、盆地特有の湿度の高い、
そしてあまり風のないムシムシとした気候で、
まさに蒸し風呂状態!といった毎日です。

ここ最近の夏の暑さというものは、ちょっと異常ですよね…
とはいえ、皆様お仕事や家事、子育てや遊びなどなど
毎日お忙しく奮闘されていることと思います。





ここは一つ「暑いのは暑いが、乗り切るための知恵」をしぼりましょう!
扇風機やエアコンだけでなく、五感で涼を感じることで暑さを和らげることができれば、
息抜きにもなると思いませんか。
目で見たり、耳で聞いたり、香りを感じたりなど一つだけでも知っておくと自分自身の
暑さをしのぐお守りのようなものになるかもしれませんね。





私が行っている涼を感じる方法は「打ち水」です。朝に家庭菜園に水やりをするついでに
玄関周りや家の前の道などに水をまくと、どこか涼しく感じることができます。
実際に打ち水は古くから日本に伝わる風習の一つで文献などでも文字や絵で残っている
そうですね。


涼を五感で感じ、玄関周りもきれいにして、家庭菜園も喜ぶ朝の日課が、私のこの夏の
お守りです。皆様も取り入れてみてはいかがでしょうか。





とはいえ、まだまだ暑さは続きそうです。どうかご無理はせずにこの季節を乗りきって
くださいませ。
暑さに負けない皆様の笑顔あふれる毎日をスタッフ一同心より願っています。
この度もお付き合いいただき、ありがとうございます。







*****今回のレポーター*****
氏名:石田直喜(男)
所属:京都本社 通販課
好きな夏野菜:水ナス
夏の楽しみ:生歌、生演奏の盆踊りに行くこと

2018年4月24日(火曜日)

新緑の時期にお出かけしませんか?

気候が良く、新緑も美しい季節になってきましたね。
サン・クロレラ販売京都本社スタッフの石田です。

新緑の色は鮮やかでどこかキラキラしているように見え、
植物の生命力を感じます。
風も爽やかなこの時期は、お出かけにはピッタリの時ですね。
旅行やイベント、BBQなどゴールデンウィーク中の予定がある方もいらっしゃるのでは。



外の空気をおもいっきりすって開放的になることは、気持ちのリセットや
体のリフレッシュにもつながります。
また普段行かないような場所に足を運ぶことも新しい発見ができて、
ワクワクやときめきと出会うこともありますね。
もちろん、普段の散歩コースでも季節の移ろいを発見することもありませんか。



気持ちのリセットや体のリフレッシュは、新しい一歩を踏み出すためにも大切なことです。
普段の生活の中で少し時間をつくり、変化を楽しむことはご自身への良い刺激となります。
新緑の時期だからこそ自然を楽しみにお出かけされてみてはいかがでしょうか。

私の好きな新緑散策を紹介させていただくとお寺や神社巡りです。
幸いなことに京都には沢山のお寺や神社があり、
歴史ある建物とキラキラとした新緑のコントラストを見ると、
どこか心が洗われたような気分になり、スッキリ!とします。
ぜひ新緑の時期に京都におこしの際は、歴史と生命力のギャップを楽しめる場所に訪れてみてください。



キラキラとした生命力あふれる毎日を願っています。

新緑にも向暑に向けての体にも水分は大切です。
水分補給もお忘れなくお過ごしくださいませ。
お付き合いいただき、ありがとうございます。


    
 
…*☆*今回のレポーター*☆*……………………………………………………………
氏名:石田直喜(男)
所属:京都本社 通販課
強化中の筋肉の部位:おしりの筋肉
実践しているワークアウト:ウォーキングとスクワット
………☆……☆★☆………☆……☆★☆………☆……☆★☆………☆……☆★☆

2018年4月17日(火曜日)

「北海道キャンピングカーフェスティバル2018」に参加致しました!

北海道内最大級のキャンピングカーの祭典である、
「北海道キャンピングカーフェスティバル2018」が
3/31(土)と4/1(日)にアクセスサッポロで開催されました。

今年で21回目を迎えたこのイベントでは
約100台のキャンピングカーが展示され、
来場者も毎年12,000人以上!

北海道内で最も大きなキャンピングカーイベントとして、
全道からファンが訪れます。
私達サン・クロレラ販売は2016年からご縁あって、今年で3回目の参加です!





2日間で12,000人以上がご来場!
キャンピングカーの需要が増えていることを実感!





展示台数100台以上!最新のキャンピングカーが展示されています。





我らがサン・クロレラブース!
今年もたくさんの方にお立ち寄りいただきました。
本当にありがとうございました\(^o^)/

http://www.h-camfes.com/

2018年2月27日(火曜日)

自分へのご褒美タイムを作りませんか。

少しずつですが春の陽気を感じるようになりましたね。
お近くでは桜のつぼみは膨らみだしましたか?
桜や菜の花などの春色の植物が芽生えるのを楽しみにする頃ですが、
肌寒さも感じる時期でもありますね。



「一月は行く(往ぬる)、二月は逃げる、三月は去る」と
お正月からの月日の経過は早いものだという言葉があります。
確かにお正月から三月までは行事ごとなどが多く、目が回るぐらいあれやこれやとあり、
あっという間にもう三月をむかえ、ラストスパートと言ったところでしょうか。

主婦の方からすれば、「何を言っているの!?師走の年賀状の準備や大掃除から大忙しよ!」というお声も聞こえそうですが…



忙しさの中で、休息の時間がついつい後回しになっていませんか?一月から三月までは、
一年の中でも一番寒さが厳しい時でもあります。お疲れがたまっている状態では体も
バランスを維持することが難しくなってきます。

ちょっと一日の中でご自身にとっての「ご褒美タイム」を作ってみてはいかがでしょうか。



「朝の支度が一段落したときに、テレビを見ながらでもちょっとストレッチ。」

「ランチの後に、たまにはデザートと温かい飲み物をプラスしてちょっと優雅に。」

「夜はいつもより30分だけでも早く湯船につかり、寝床についてちょっと早目の就寝。」
などなどと

ライフスタイルの時間軸を少し早目にして、一息入れる自分へのご褒美タイムを
一日の中で一つ入れるだけでも、心と体はリラックスできるようです。



ぜひとも寒い時期を乗り越えるためにも、ご褒美タイムを作り笑顔あふれる毎日を
お過ごしくださいませ。

このブログも読者様の心安らぐ時間となれば幸いです。
お付き合いいただきありがとうございます。

…*☆*今回のレポーター*☆*……………………………………………………………
氏名:石田直喜(男)
所属:京都本社 通販課
趣味:植物観賞
この冬の出来事:自宅の水道管の破裂
………☆……☆★☆………☆……☆★☆………☆……☆★☆………☆……☆★☆

2018年1月4日(木曜日)

2018年 あけましておめでとうございます

2018年、新年あけましておめでとうございます。
旧年中はサン・クロレラ製品をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
社員一同心より感謝申し上げます。
そして、新しい年を皆様と一緒に迎えられたことをお喜び申し上げます。
まだまだ寒さが続く毎日ですが、お正月はゆっくりと過ごされましたか。
ご家族で集まり、一年間あんなことがあった、こんなことがあった、新しい年は
どんなことがあるかなぁと、話に花が咲いたのではないでしょうか。
家族や親せきが集まると、慌ただしさもあるかもしれませんが、
顔を見るだけでも懐かしさや温もりを感じますね。
新年が始まるにあたって初とつくものは、何かと気になりますね。
初詣でのおみくじ、初夢、初笑いなど皆様はもうおすみでしょうか。
ご家族やお友達とその話題をするだけで盛り上がりませんか。
おみくじや初夢は期待していたようにいかないこともありますが、
初笑いは気の持ちようや、心穏やかにすることで
自然とできることかもしれませんね。
「わっはっはっは!」と笑うだけで口角があがり、
体がポカポカとしてきます。笑いや笑顔のチカラには、
まだまだ解明されていない不思議なパワーがあるそうですよ。



2018年、皆様にとって「わっはっはっは!」と
笑顔あふれる年になりますように。
笑うための土台となる健康作りをサポートできるように
一生懸命つとめてまいります。
昨年は「クロレラ元気レシピコンテスト」をはじめ、
「ポイント制度の導入」や「各地での様々なイベントへの参加」など行ってまいりました。
その中で、PR出来たことや、喜んでいただけたこと、
クロレラの名前をはじめて知っていただけたことなど沢山の出会いや感動、
またチャレンジングしていく目標も皆様からいただきました。
これからも皆様に喜んでいただけるような新しい試みも
行いながら、サン・クロレラ製品の品質や皆様への感謝の気持ちなど変わらない点も
大切にして最後の「言葉」を胸に社員一丸となり、サポートしてまいります。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

「誰かを元気にしたければ、自分が一番元気であれ」
              「誰かに笑ってほしければ、自分が一番笑顔であれ」

サン・クロレラ販売スタッフ一同

1 / 1212345...10...Last »
ページトップへ