bg
bg
bg
bg
bg
bg
bg

コラム

column

コラム一覧

【早めの梅雨対策】梅雨になる前にやっておきたい6つのこと。カビの発生につながる湿気などへの備えを5月のうちに

イメージ

窓を開けると、吹き込む爽やかな風。5月はカラリと晴れた気持ちの良い日が多いですよね。
ですが、あと1か月もすれば梅雨。雨が降り続く日々は、もうすぐそこまで来ています。少しでも快適に梅雨を過ごすために、今のうちに対策をしておきませんか? 
梅雨入り前にやっておくと効果が期待できる梅雨対策を6つのポイントにまとめました。

【ライタープロフィール】
最新グルメや食文化のほか、健康といったライフスタイルについても幅広く執筆。働きながら、家事をできるだけラクに、楽しくこなしたい40代主婦。

カビの栄養源を絶つお掃除を

雨が降り続き、湿度が上がると心配なのがカビ。
うっかり冷蔵庫に入れ忘れてしまった食品にカビがついたり、いつも通り換気していた浴室や洗面所の壁にカビが発生したり。
湿度が上昇し、気温が高くなると、カビの増殖が盛んになってきます。

カビは、健康にも悪影響を及ぼすとされていますが、そもそも、「カビ」というのは俗称で、その正体は菌
カビのもととなる菌子や胞子は梅雨以外の時期にも空気中を漂っていて、条件が揃うとカビとなって現れます。その条件とは、高い湿度と温度。湿度は60~70%以上、温度は20~30℃を好むと言われています。

さらにもう1つ。カビを発生させる好条件となるのが、ホコリや汚れ。これらがいわばカビの栄養となってしまうのです。
湿気と気温は天候次第でコントロールしづらいですが、ホコリや汚れは対策が可能。本格的な梅雨入り前に、しっかり掃除をして、カビのない健康的な梅雨を過ごしましょう。

5月のうちにやっておきたい梅雨対策とは?

早めの梅雨対策その1】畳やフローリングの拭き掃除

いつの間にかたまってしまったベッドの下や家具の隙間のホコリ。ホコリにはダニのフンや死骸が含まれていることあり、これもカビの大好物。
さらには人間の皮脂やアカ、食べかすなど、カビはなんでも栄養源にしてしまいます。
細かいホコリや汚れを取り除きながら、畳やフリーリングの拭き掃除など、晴天の日にやっておきたいですね。

早めの梅雨対策その2】エアコン、浴室換気扇のチェック

梅雨にエアコンをつけてみると、カビ臭い……なんてこと、ありませんか?
エアコンのフィルターは特にホコリがたまりやすく、また、エアコンが作動するときに水分もあるため、カビの発生が考えられるところです。
また、ホコリがたまりやすい場所といえば換気扇。特に浴室の換気扇は湿気があるうえ、あたたかくカビの快適温度。 こちらも梅雨前にチェックして、きれいにしておきましょう。

早めの梅雨対策その3】クローゼットやタンスの整理

しめっぱなしのクローゼットやタンス、押し入れは空気がこもってしまい、カビ発生危険スポット。家の北側や浴室近くは特に要注意が必要。カビ予防のためには、時折、扉を開けて空気を入れ替えるのがオススメです。
ですが、衣類や布団がぎゅうぎゅう詰めでは、空気の通り道がありません。中に入れるものをできるだけ整理して、少しでも隙間を作っておくのも効果がありそう。すのこを敷いたり、除湿剤のセットも梅雨入り前に。

イメージ

春から夏への季節の変わり目

イメージ

5月は、春から夏へと向かう季節の変わり目。衣替えをしたり、部屋の模様替えをしたりと、変化が多い時期です。

冬物をしまうときには、ホコリや汚れを取り除いて、カビの栄養源を絶つのを忘れないようにしましょう。また、雨への備えもそろそろしておきたいですね。雨具のお手入れも、5月に済ませておきましょう。

早めの梅雨対策その4】布団干し

健康な人でも寝ている間に汗をかくもの。その量はコップ1杯分、500mlなどと言われていて、布団が湿気を帯びています。
さらにそこに、皮脂や髪の毛、フケなど人由来の汚れが付着すれば、カビが繁殖する条件が揃ってしまいます。
そのため、普段からこまめにシーツを変えるなどして清潔に、そして乾燥させておきたいところですが、春は花粉シーズン。布団をなかなか屋外に干しづらいですね。
5月になり、花粉の飛散量が落ち着いてきたころを見計らって、布団を屋外に干してしっかり乾かしましょう。さらに、布団たたきで軽くたたいたり、掃除機を使ったりして、布団についたホコリなどを取り除くのも忘れずに。
特に、冬用の布団などをしまう時にはしっかりお手入れしておきたいですね。

早めの梅雨対策その5】大物の洗濯

5月は衣替え。繰り返しになりますが、汚れを残しておくと、カビの温床に。
しかし、梅雨時期には、洗濯物を乾かすのもひと苦労です。厚手の冬物衣料や、広げて干したい毛布やシーツなどの洗濯は5月のうちに済ませて、十分に乾燥させましょう。
特に乾きにくいものの洗濯は計画的に。天気の良い日に洗濯から天日干しまで、一気に済ませてしまうとラクです。
最近は、電気料金の高騰も気になります。乾燥機の使用はできるだけ控えたいという人も多いのでは。太陽のパワーを十分に活用しましょう。

イメージ

早めの梅雨対策その6】靴や傘、かばんにも防水スプレーを

いざ雨が降り始めると、レインシューズやレインコート、傘の出番です。これらのお手入れも5月のうちに。
ぜひ取り入れたいのが防水スプレー。長く使っていると、雨用のグッズでも撥水効果が薄れてしまうことも。そんなときは、キレイに汚れを取って乾かしてから防水スプレーをしておくと、雨の日に効果を発揮してくれます。
革やスエード、スニーカーにも使える防水スプレーもありますので、普段使っている靴やバッグにも防水スプレーをシュッ。きっと梅雨時の外出がぐっと楽になりますよ。雨が降っても、普段通りお出かけを楽しみましょう。

梅雨前に行う梅雨対策はいかがでしたか?

ちなみに私はもう一つ、行っているのが梅雨前に美容室に行くこと。雨が降るとどうしても、髪が水分を含んで膨張してしまいます。これを最小限にとどめようと少し短めにカットしたり、ストレートパーマでボリュームをおさえたり。美容師の方と相談して、あれこれ試しています。

雨が続くと、鬱陶しくて、心も沈みがち。早めに準備をして、少しでも気持ち晴れやかに、梅雨を乗り切りましょう。

一覧に戻る

bg

ショッピングカート

×

カートに商品はありません。

レジに進む

Page Top

サポートシステム

  • ご利用ガイド

    安心してご利用いただくために
    ご注文方法やお支払い方法などをご紹介

    詳しく見る

  • メールで相談する

    ご購入前の商品選びから、
    飲用中の疑問など、お気軽にご相談ください

    お問い合わせ

  • 電話でのお問い合わせ

    今すぐ知りたい方のために。
    通話無料・携帯電話もOKです

    0120-33-3960

    【受付時間】平日9:00~18:00
    (土日祝を除く)

初めての方へ初めての方へ 商品一覧商品一覧 キャンペーンキャンペーン マイページマイページ カートカート

Norton privacy