商品レビュー投稿でプレゼントキャンペーン実施中

bg
bg
bg
bg
bg
bg
bg

コラム

column

コラム一覧

色が持つ不思議な力とは?色を使った心のケアをご紹介

イメージ

色には、人の心を癒す不思議な力があります。言葉で表すことのできない深層心理を色によって表現することもできます。色を使った心のケアやカラーセラピーは、古代エジプトが発祥とされており、このカラーセラピーは、高齢者施設や保育現場でも近年取り入れられ注目されています。

色の意味を知ると普段の生活がより豊かで明るく楽しいものになります。
そこで今記事では、それぞれの色が持つイメージと、色の組み合わせについてご紹介します。

イメージ

【ライタープロフィール】

色彩士の資格を持つ保育士ライターです。色が持つ不思議な力を保育に取り入れて、子どもたちと色遊びを楽しんでいます。

色の種類とそれぞれのイメージ

イメージ

赤・オレンジ・黄のように暖かさを感じさせる色を「暖色」といい、暖色には心を興奮させる心理的効果や食欲増進効果があります。
青・青緑のように冷たさを感じさせる色は「寒色」で、心を落ち着かせる鎮静効果があります。
また紫や緑、黄緑などどちらにも分類されない色を「中性色」といいます。

すべての色にポジティブな意味とネガティブな意味の両方があります。
それぞれの色が持つ意味は以下の通りです。

・赤…エネルギッシュ、積極的/怒り、イライラ、恐怖心
・オレンジ…元気、社交的/悲しみ、傲慢
・黄…希望、無邪気、明るく楽しい/幼稚、軽率
・青…冷静、誠実、平和/冷たい、孤独
・青緑…マイペース、自由、独立心/わがまま、虚栄
・紫…ミステリアス、神秘的、癒し/嫉妬、不満
・緑…安らぎ、リラックス、安心/疲れ、未熟
・黄緑…憧れ、喜び、好奇心/弱い、未熟
・ピンク…優しい、華やか、ロマンチック/甘え、媚び
・白…清潔感、信頼感、浄化/別れ、孤独
・黒…高級感、威厳、自己確立/不吉、絶望、恐怖

色が与える心理的効果とは?

イメージ

色には気持ちを明るくさせたり、元気にしたり、心を癒す心理的効果があります。

たとえば、薄いピンク色や水色を見ると優しい気持ちになります。 傷ついたときに心を癒してくれる色はコーラルピンクです。

私たちは日常的に意識せずとも、そのときの気分で色を選んでいます。
心が暗く落ち込んでいるときはどうしても暗い色を選んでしまいがちですし、反対にエネルギッシュなときはオレンジや黄・赤などの鮮やかな色を選ぶ傾向にあります。

中には好きな色があっても自分には似合わないと感じたり、周囲の目が気になるという理由から、地味な色ばかり選んでしまうという方もいるかもしれませんが、せっかくなら自分の心が選ぶ色や好きな色を選んでみてはいかがでしょうか。
性別や年齢、周囲が抱く印象に気後れせず、好きな色を取り入れて、色を大いに楽しんでください。

もし似合う色と好きな色が違うからと悩んでしまうときは、どちらを選んでも正解です。ぜひ、きれいな色を生活の中に取り入れるようにしてみてください。

リラックスしたいときにおすすめの色の組み合わせ

イメージ

リラックスしたいときは、青・緑・パステルカラーの組み合わせがおすすめです。

自然の中にはリラックス効果のある色がたくさんあります。
たとえば、真っ青な空や海を見ると心が落ち着きます。また、山を見ると心が和やかになります。

青色にはイライラしている気持ちや不安な気持ちを沈める鎮静効果があり、気分を落ち着かせる作用が期待できます。血圧や体温を下げてくれる効果もあるといわれています。
緑色は心を落ち着かせ、緊張感をほぐし疲れた体を癒してくれる色です。

桜色や藤色のような淡く優しいパステルカラーにも安らぎ効果があります。

寝室に青色や緑、パステルカラーを取り入れると心身が癒され、気持ちが落ち着き、よく眠れるようになります。寝具は青色にし、パステルカラーのパジャマを着て、緑色の観葉植物を寝室に置くのもいいでしょう。
持ち歩く筆記具やハンカチをパステルカラーにすると、リラックス効果が高まるのでおすすめです。

やる気を出したいときにおすすめの色の組み合わせ

イメージ

やる気を出したいときは、オレンジ色や黄色のように元気がでるビタミンカラーがおすすめです。

太陽のように気分を明るく元気にしてくれる効果をオレンジ色は持ちます。
黄色は楽しい気持ちになる色でもあり、親しみを感じる色でもあります。

やる気を出したいときには普段のメイクにオレンジ色のチークを取り入れてみたり、黄色のアイシャドウをつけてみると気分も明るくなりやる気が出ます。

集中したいときにおすすめの色の組み合わせ

イメージ

水色や青色は集中力を高めてくれる色です。

水色には高ぶっている気持ちを鎮める効果があります。空を見たら落ち着くように、水色を見ると緊張している心が静かに落ち着いていくのです。
緊張する場面でも水色のものを身に付けていると心が落ち着き、物事に集中することができます。

筆記具やスマホ、パソコンの待ち受け画面、洋服などに水色を取り入れることで集中力が高まるでしょう。

イメージ

ダイエットには、青色がおすすめです。それは自然界に青色の食べ物が存在しないから。

人は青色の食べ物を見ると「食べたら危ない」「おいしくなさそう」と脳が感じてしまうため、食欲が減少しやすくなります。

この心理的効果を利用して食器や箸、ランチョンマットなどに青色を取り入れるとダイエット効果が期待できます。

心が欲しがる色を取り入れてみましょう

色の意味を知りそのときの心理状態にあわせて色を上手に使えるようになると、どのような色に対しても親しみが持てるようになります。
今まで使ったことがなかった色にも興味が持てるようになるでしょう。

ぜひ、心が今必要としている色を取り入れてみてくださいね。

おすすめ商品

一覧に戻る

bg

ショッピングカート

×

カートに商品はありません。

レジに進む

Page Top

サポートシステム

  • ご利用ガイド

    安心してご利用いただくために
    ご注文方法やお支払い方法などをご紹介

    詳しく見る

  • メールで相談する

    ご購入前の商品選びから、
    飲用中の疑問など、お気軽にご相談ください

    お問い合わせ

  • 電話でのお問い合わせ

    今すぐ知りたい方のために。
    通話無料・携帯電話もOKです

    0120-33-3960

    【受付時間】平日9:00~18:00
    (土日祝を除く)

GUIDEGUIDE PRODUCTPRODUCT MY PAGEMY PAGE CARTCART MENUMENU

Norton privacy