商品レビュー投稿でプレゼントキャンペーン実施中

bg
bg
bg
bg
bg
bg
bg

コラム一覧

毎日朝食を取るとどんなメリットがある?一日のスタートを支える〝朝食のヒミツ〟を知ろう!

イメージ

入社や入学など新生活が始まる時期。これまでと違う生活リズムを送ることで体調を崩さないために、朝食の大切さを気にかけてみませんか。
「朝食は食べた方が良い」と知りつつも、その理由をきちんと理解できていないかもしれません。

朝食を取るメリットやおすすめの栄養素など、一日のスタートを支える〝朝食のヒミツ〟についてご紹介します。

朝食を食べると嬉しいこと3つ!

まずは、朝食を取ることにはどんなメリットがあるのか、チェックしてみよう。
体の中で起きていることを知ると、朝食の大切さがより分かるかも!

イメージ

体内時計を整える

体の中で一日のリズムを刻む「体内時計」は約25時間サイクルで動いているため、約1時間のズレが生じるのだとか。このズレをリセットするため、朝に光を浴びると脳の視神経に届き、さらに朝食を取ることで肝臓や腎臓など内臓の末梢時計がリセットされると言われています。
毎日決まった時間に朝食を取ることも大切です。

午後からのエネルギー維持に

朝食を取ることで午前中に上がったエネルギー代謝が午後になってもキープされ、昼食や夕食もきちんと取ることでさらにアップしていきます。
エネルギー代謝が高まることから、太りにくい体づくりにも役立つとされています。ダイエットをしている人は特に、朝食が大切と言えますね。

活動的な体づくりに、集中力アップも

朝食をしっかりと取ると体温も上がることから、脳や筋肉の温度も上がり、体をスムーズに動かせます
脳は炭水化物が分解された単糖類の「グルコース」を栄養のひとつとして活動するため、朝食では特に炭水化物を積極的に取りましょう。
脳のエネルギー源であるブドウ糖をチャージできることから、集中力が上がるとも言われています。

食べる時間帯や取り入れるべき栄養素をチェック

朝食の大切さを改めて知ったら、具体的に”いつ・どんな朝食を取るべき”かが気になりますね。
普段から朝食を取っている人は、栄養素にも目を向けて、より効果的な献立に挑戦してみてください!

イメージ

食べるタイミングは?朝起きてすぐ?

食べても栄養が脳に届くまでに、ある一定の時間が必要です。食物が胃で消化されて血糖(グルコース)となり、腸から血管に吸収されて脳に届くまでには、約2~3時間かかるとされています。

そのため仕事や勉強の2時間前可能であれば3時間前に取るのがいいでしょう。9時始業であれば6時に朝食を取ることで、その日の朝食が脳のエネルギーとしてしっかりと使えます。

どんな朝食を選ぶべき?

体内時計を正常に動かすためには、血液中の血糖(グルコース)が増える「糖質」を積極的に取ることが大切。
ご飯、パン、麺などの炭水化物が代表的で、ご飯ならおにぎり1~2個パンなら食パン1~2枚程度が目安量です。

肉・魚・卵・乳製品・大豆製品に含まれる「たんぱく質」は体温を上げるとされます。納豆なら1パック、目玉焼きなら1個分、豆腐なら半丁くらいを目安に。
体の調子を整える働きがある「ビタミン・ミネラル」は、野菜や果物から摂取を。りんごなら1個分、みかんなら2個分が目安になります。

栄養素を意識してしっかり食べたいけど、朝は余裕がない……
そんなときは、60種以上の栄養素がバランス良く配合された「サン・クロレラA」もオススメです。

商品ページはこちら

より効果的に摂るなら

普段から毎日朝食を欠かさない人は、さらに効果的な朝食プランを考えてみましょう。

糖質、たんぱく質、脂質、ビタミン・ミネラルがバランス良く組み立てられた献立が大切です。その上で、注目してほしいのが、血糖値の上げやすさを示した数値「GI値」が高い食材。これらを食べることでインシュリンをたくさん分泌することから、インシュリンによって体内時計が動かされ、整うとされます。

GI値を上げやすい食材や食べ方は?

「炭水化物」と「たんぱく質」を組み合わせて食べること。「脂質」であれば青魚に多く含まれるEPA・DHA、ごま油やアマニ油のα-リノレン酸などのω3(オメガ3)系という、脂肪酸を多く含む食材もおすすめです。

ご飯、焼き魚、みそ汁、納豆といった日本の昔ながらの朝食は、理想的な朝食と言えるでしょう。

いかがでしたか。
朝食は毎日、バランスよく取れると良いですが、難しい場合は「一日一品から」と自分なりの目標を立ててみてください。

一覧に戻る

bg

ショッピングカート

×

カートに商品はありません。

レジに進む

Page Top

サポートシステム

  • ご利用ガイド

    安心してご利用いただくために
    ご注文方法やお支払い方法などをご紹介

    詳しく見る

  • メールで相談する

    ご購入前の商品選びから、
    飲用中の疑問など、お気軽にご相談ください

    お問い合わせ

  • 電話でのお問い合わせ

    今すぐ知りたい方のために。
    通話無料・携帯電話もOKです

    0120-33-3960

    【受付時間】平日9:00~18:00
    (土日祝を除く)

GUIDEGUIDE PRODUCTPRODUCT MY PAGEMY PAGE CARTCART MENUMENU

Norton privacy