bg
bg
bg
bg
bg
bg
bg

コラム

column

コラム一覧

積極的に摂るべきオイルとは?ダイエット中や肝脂肪が気になる人の強い味方に!?

イメージ

調理する際に使う食用油。
摂り過ぎると太ったり、美肌のためには良くないのでは、と思っている人も少なくないはず。

実は、積極的に摂るべき油とそうでない油があることをご存知ですか?
健康や美容だけでなく、ダイエットにも役立つ油についてご紹介します。

体にとって油は必要なの?

油は脂質の供給源であり、タンパク質や糖質と並ぶ3大栄養素の1つ
疲れにくい体を作ったり、体内の細胞を覆う細胞膜や血管を健やかに保つため、体に必要な大切な働きを担っています。

油の種類は豊富!どう違うの?

日々の食事で摂取している油ですが、種類や摂り方には気を付けることが大切です。
まず、油の種類について知っておきましょう。

油は主成分である「脂肪酸」によって分類され、「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の大きく2種類に分けることができます。

飽和脂肪酸

常温で白く固まっているのが特徴。肥満や循環器系の疾患の原因になりやすいとされています。

牛や豚などの動物性の脂肪(ラード)、バター、マーガリン、ショートニング、ココナッツオイル、パーム油などがあげられます。

不飽和脂肪酸

常温ではサラサラとした液体。体のエネルギーとして使われるほか、体の構成成分となります。
代表的な脂肪酸のうち、体内で合成できる「オメガ9」、体内で合成きない「オメガ3」と「オメガ6」に分けられます。それぞれ代表的な油や食品をチェックしましょう。

「オメガ3」

 エゴマ油アマニ油しそ油、青魚など

「オメガ6」

 サラダ油、ゴマ油、大豆油など

「オメガ9」

 オリーブ油菜種油、米油など

「オメガ3」と「オメガ6」は免疫機能や自律神経に深く関わる重要な脂肪酸ですが、いずれも体内で作ることができないため、食事から摂る必要があります。
「オメガ3」は意識的に取り入れていきましょう。

「オメガ6」は比較的食生活の中で摂取することが多いとされています。
最近の研究結果から「オメガ3」の量1に対して、「オメガ6」を2以下に抑えることが健康のために重要だということが分かっているとか。

摂取しづらい「オメガ3」を増やすことが、健康や美容への近道と言えそうです!

ダイエット中や肝脂肪が気になる人は「オメガ3」に注目を!

イメージ

「オメガ3」は、血管を拡張させ、血液の流れをスムーズにしてくれるだけでなく、中性脂肪低下作用もあると言われています。

30~40代から増え始める脂肪肝やダイエット中の人は、ぜひ「オメガ3」に注目を。エゴマ油やアマニ油を選んでみて。

女性ホルモンを整えたり、睡眠の質を向上させるだけでなく、目や毛髪、皮膚のバリア機能を向上させるなどの効果も見込めるそうです。

目安の摂取量は?

イメージ

エゴマ油やアマニ油なら、毎日小さじ1杯程度を目安にしましょう。

「オメガ3」は光と熱に弱く、酸化しやすいという性質も。油は小さな瓶で購入し、早めに使い切るようにしてください。
揚げ物や炒め物などの加熱調理には不向きなため、そのまま食材にかけたり、和えたり、ドレッシングに使うのもおすすめです。

いかがでしたか?
油を選んで摂ることで、健康的な体をサポートしてくれますね。
いつもの食卓にスプーンひとさじ分加えるところから試してみましょう!

おすすめ商品

一覧に戻る

bg

ショッピングカート

×

カートに商品はありません。

レジに進む

Page Top

サポートシステム

  • ご利用ガイド

    安心してご利用いただくために
    ご注文方法やお支払い方法などをご紹介

    詳しく見る

  • メールで相談する

    ご購入前の商品選びから、
    飲用中の疑問など、お気軽にご相談ください

    お問い合わせ

  • 電話でのお問い合わせ

    今すぐ知りたい方のために。
    通話無料・携帯電話もOKです

    0120-33-3960

    【受付時間】平日9:00~18:00
    (土日祝を除く)

初めての方へ初めての方へ 商品一覧商品一覧 キャンペーンキャンペーン マイページマイページ カートカート

Norton privacy